「誰から学ぶ?」成果がでやすいのはどこ?

お客様と自然につながる秘訣!教えます

 

今回は、誰から学ぶか?

 

ここ数年、起業したりフリーランスになったりと
ビジネスを始める人がうんと、増えました。

起業前や起業後にビジネスについてしっかり学ぼう!
と起業塾・ビジネス講座を受講する方も増えています。

 

http://webeople.com/wp-content/uploads/2024/01/rochanprofile-e1705714820683-300x300.jpg
ろーちゃん

僕もこれまで何人かの講師のもとで学んできましたが、「誰から学ぶか?」って大事ですよね。

 

今は、SNS全盛期なので
SNSを開くと、SNSビジネス講座などもたくさんあります。
有名なビジネスコンサルやカリスマ的な講師もたくさんいますが

あなたはどんなタイプの人から学びたいですか?

 

例えば、カリスマのような人のもとで学ぶと
パワフルでキラキラしていて
モチベーションも上がるしエネルギーももらえます。

「いつか私もあんなふうになりたい」と憧れますし
すごい人のもとで学んでるというだけで
自信につながるかもしれません。

 

なんか自分の実力以上に
強力な武器を手に入れたような、そんな気分。

 

例えば、異業種交流会みたいなところでも
「●●さんのもとで学んでます」
というとビジネスが出来そう、活躍してそう
とイメージを持たれて、それだけであなたも満足しちゃうかもしれません。

 

でも実際には、講師や塾の看板なんかは
ビジネスの結果には、なにも関係ありません。

先ほどもあげましたが、あなたから見た講師が
キラキラ輝いていたり憧れの対象だとしたら
ビジネスでは成果を得られにくいかも...

 

昨年のWBC(ワールドベースボールクラシック)で
メジャーリーガー大谷翔平選手の言葉をご存じですか?

 

日本のプロ野球選手たちも憧れる
トップのメジャーリーガーが大勢いる
アメリカとの対戦を前に
大谷選手は、チームメイトに声をかけます。

「憧れるのをやめましょう!
憧れてしまったら越えられないんで・・
彼らへの憧れを捨てて、勝つことだけを考えていきましょう」

 

そうなんです。
憧れている限りは、越えられない、同じ土俵には立てない。

 

講師が憧れるくらい
キラキラであればあるほど
その人がいるそこに
あなたは、たどり着けない可能性が高い。

 

つい、その人より自分を小さく見ちゃうからね…

 

ビジネス的な成果は
得られないかもしれないけど
一方で、その人に一生ついていく喜びはあるかもしれません。

大好きなファンや推しを
仲間と一緒にずっと追いかけている感じです。

あこがれの講師のもとだからこそ
得られる満足・幸福感がたくさんあるでしょう。

 

ですがもし、

  • 憧れで終わらせたくない
  • 本当に結果を出していきたい
  • 理想の未来を叶えたい
  • 自分の人生に本気になりたい

と思っている人は、

 

憧れて、ついつい自分より上に
見てしまう人よりも

「これなら自分もできそう!」
と思わせてくれる人のもとで学ぶといい。

 

以前の僕もそうでしたが...

国内外でも有名な
一度の講演で1000人以上も人が集まるような
人気講師やメンターのもとで
合宿に参加したり、セミナーを受講したり。

 

たくさんのことを学び
得られることもあり、今もそれが役立っていますが

「いつか、ああなれたらいいな~」
と憧れのほうが大きかったと思います。

「でも、ああは、なれないよな...」
と心の中はいつもこんな感じだったように思います。

 

反対に、めちゃくちゃ有名な講師なのに
なんだか人間味があって
ちょっと天然な感じで

思っていたのとなんか違う...(いい意味で!)

 

めちゃくちゃ有名なビジネス講師が

「えー??そんなんでいいの??」
みたいなことをやっていて、

「でもこれなら、すぐできるじゃん!」
みたいに思わせてくれた出来事がありました。

 

このときのことは衝撃的で
時々、友人たちにも話すんだけど
それまでの自分の概念が見事にひっくり返った瞬間だった(笑)

この経験は、僕はビジネス的にも一気に飛躍したとき。

 

で、何が言いたいかというと、、

どんなに憧れたって、
パーフェクトな人はいません。

 

だから、目標とする人は
憧れないくらいがちょうどいい。

 

「なんか凄そう!」
な人のもとで学ぶのもいいけど、

「これならできそう!」
と気軽に思わせてくれる人のほうが
あなたも一気に飛躍しちゃうかもしれませんね~。

 

羽田空港日の出

 

というわけで、本日も最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
PAGE TOP